青春18きっぷで真冬の北海道縦断~完結編~

こんにちは。

今回は、2013年の冬に訪れた北海道縦断の旅 完結編として、
最終日になにをしたかと、総額いくらかかったかをお伝えしたいと思います。

旅程はこちらです。
※リンクから各記事にとべます



本編


旅行日:2013年3月9日

北海道縦断6泊7日の旅もいよいよ終了です。

最終日は、思い返せば何もしてなかったw

疲れがたまってたのかなー。

飛行機が12時過ぎの便だったので、それまで稚内駅周辺ですごしてました。

DSCN0253.JPG

お昼にはこんな駅弁をいただきました(^^)/
北海道は駅弁がぜんぶおいしそうで困る。

稚内空港へは、稚内駅から連絡バスで30分ほど。

この日はあまり天候が良くなく飛行機が飛ぶか不安でしたが、
なんとか東京まで帰ることができましたー。

DSCN0254.JPG

雪と飛行機。


総額発表



共通


・青春18きっぷ:12050円

1日目


・北斗星:24650円
 (運賃、特急料金、寝台料金)

2日目


・函館市電1日乗車券:600円
・朝食@函館朝市:1500円
・五稜郭タワー:900円
・昼食@あじさい:750円
・ジェラート@MILKISSIMO : 700円
・函館山:1500円
・夕食@ラッキーピエロ:500円
・ホテル:8000円

3日目


・スーパー北斗:9440円
・昼食@ベリーベリーストロベリー:750円
・LeTAO:1000円
・タクシー:1000円
・ジンギスカン:2500円
・ホテル:4000円

4日目


・電車代
 大通駅→福住駅:250円
 福住駅→札幌駅:250円

・バス代
 羊ヶ丘展望台行き:210円*2

・羊ヶ丘展望台入場料:530円
・スープカレー:1000円
・時計台:200円
・らーめん信玄:760円
・ホテル:4000円

5日目


・バス代
 旭川→旭山動物園:450円*2
・旭山動物園:1000円
・らぅめん青葉:750円
・ホテル:7000円

6日目


・昼食:1200円
・バス代
 稚内→宗谷岬:1420円*2
 稚内→ノシャップ:220円*2
・夕食:1000円
・ホテル:7000円

7日目


・昼食:1000円
・バス代
 稚内駅→稚内空港:700円
・飛行機:30000円

合計


約131000円

意外としたなー。笑
(お土産代のぞくです。)

で、結局青春18きっぷってお得なの?


<青春18きっぷ使わなかった場合の電車賃>
 札幌→小樽 750円×2
 札幌→旭川 2860円
 旭川→稚内 5940円

 合計:10300円

<青春18きっぷ>
 12050円

あれ?青春18きっぷ代分使えてなくない?

函館→小樽 間で使用できなかったのが響いている感じですね。
(函館→小樽区間は、鈍行だと1日かかってしまうので泣く泣く急行を使いました。)


でも、ご安心を。

青春18きっぷは5日間使用できるものになっていて、
今回の北海道旅行で使用したのは3日分。

まだ2日分が残っており、決められた期間内に使用することができます。

例えば2021年度だと。

<発売期間>
 春季用 2021年2月20日(土)から2021年3月31日(水)まで。
 夏季用 2021年7月1日(木)から2021年8月31日(火)まで。
 冬季用 2021年12月1日(水)から2021年12月31日(金)まで。

<利用期間>
 春季用 2021年3月1日(月)から2021年4月10日(土)まで。
 夏季用 2021年7月20日(火)から2021年9月10日(金)まで。
 冬季用 2021年12月10日(金)から2022年1月10日(月)まで。

こんな感じね。

なので、利用期間内にあと2日間で1750円使えば元は取れそうということ。

結論


ルートと方針によりますが、
北海道旅行で青春18きっぷを使うのはアリです。

移動時間を極力短くしたい派の人は、急行を使うことをオススメしますので、青春18きっぷは無しですw

と、そんな感じで、

ゆっくりと鈍行列車で北海道を旅してみてはいかがでしょうか?(=゚ω゚)ノ

この記事へのコメント